緊張 眠れない 試験

試験前夜に緊張して眠れない場合どうするか

スポンサーリンク

人間の精神状態には、大きく、緊張と弛緩の二つがあります。
それらは二つとも、人間の生存には必要な働きであると言えます。
実際、それら二つの働きは決して病気や異常などではなく、人間の正常な状態なのです。
しかし、何事にも限度があります。
一般常識的に勘案して、もしもその限度を超えてしまった状態に陥ったなら、それは問題と言わざるを得ません。
そうした問題は適切に対処して、速やかに改善すべきです。
たとえば大切な試験の前日などに、極度の緊張のあまり眠れなくなってしまうようなケースがあります。
そんな場合は、少しでも弛緩して眠れるように工夫することが大切です。
幾つか具体例を挙げるなら、お風呂に入ってゆっくりと湯船に浸かったり、寝床に入る前に温かい飲み物を飲んだり、またはお気に入りの音楽を聴きながら眠るなどです。
そのような様々な工夫によって、眠れない状態を改善することが期待できます。
しかし、そうした工夫には注意点もあります。

スポンサーリンク

それは、眠れないことに対して過剰に心配したりしないことです。
人間、少しくらい寝不足になっても死にはしません。
仮に多少寝不足の状態で試験に臨んだとしても、恐らく大勢に影響はありません。
最もいけないことは、「眠れないと試験に落ちてしまうに違いない」と勝手に思い込み、自分で自分を追い詰めてしまうことです。
そんな状態を防ぐために有効なことが、開き直りの気持ちです。
人間の精神とは不思議なものであり、たとえ極度の緊張状態であったとしても、何か切っ掛けがあると途端に弛緩できることがあるのです。
その切っ掛けとして最も手っ取り早く確実なものの一つが、開き直りの気持ちなのです。
「眠れなかったらどうしよう」とか、「試験に落ちたら人生お終いだ」などと悲観的なことは心の中から全て追い出しましょう。
そして、「たかが試験の一つや二つ、落ちたってどうってことはない」と開き直るのです。
すると気持ちが楽になって緊張が解けます。
そして熟睡して全力を出せるようになるのです。

スポンサーリンク