自閉症 睡眠障害 幼児

幼児が自閉症や睡眠障害を発症した場合の症状や対処法について

スポンサーリンク

自閉症や睡眠障害が発生する原因についてはいくつかの事例がありますが、発症するのは大人だけでなく幼児もかかることがあります。
幼児が自閉症を発症した場合の症状として、対人コミュニケーションが上手く出来なくなってしまうことがあります。
その中で睡眠障害が発症するケースも多くなっており、発達障害がある場合において発生する確率が高くなっています。
特に睡眠時間のリズムが乱れてしまうことが多く、ごく短時間の睡眠を繰り返すといった症状があります。
また逆に夜眠れなくなってしまうという症状もあるため、こういったことが継続されると脳の発達などに異常をきたします。
日常生活において大きな支障が発生することもあるので、一人で解決しようとはせずに病院などで治療を行います。
治療といっても通常の風邪や発熱時と同様に、薬を服用して様子を見ることが多くなっています。
そのため緊急入院などをすることはないので、治療費が特別高くなるといったリスクは基本的にはないです。

スポンサーリンク

 幼児の中には自閉症という病気を発症させてしまうことがあり、1000人に5人ほどの割合でかかることがあるものとなっています。
そのため割と発症率が低くない病気となっており、比較的1度はかかることが多い症状でもあります。
また病気として睡眠障害を誘発することもある特徴があり、日中に急な眠気に襲われることが多いです。
対処法についてはいくつかの方法がありますが、一番簡単なやり方については日中は幼児に体を動かす遊びをさせることです。
もちろん怪我や事故などがないように細心の注意を払っていくことが重要であり、親の目の届く範囲内で遊ばせることがポイントです。
そうすることによって幼児の体に疲れが蓄積されていくので、その作用によって夜に自動的に眠れるようになっていきます。
もちろん病院での治療という選択肢もありますが、その前にこういったごく自然や方法を試してみるのも良いです。
しかし体を動かすということが前提なので、読書やテレビゲームなどではあまり効果が得られないので注意が必要です。

スポンサーリンク