臨月 腰痛 眠れない

臨月の腰痛で眠れない その原因と対策は

スポンサーリンク

臨月はお腹も大きく重たくなり、体力的にも大変な時期です。
この大変な時期に、夜眠れないという症状を訴える妊婦さんは多いです。
眠れなくなり理由はいくつかあります。
例えば、妊娠後期に分泌が増える、エストロゲンという女性ホルモンの原因です。
不眠を起こすホルモンで、眠りを浅くするために眠れない症状がでます。
他にもお腹が大きくなったことで寝返りがしづらい、胎動で起きてしまう、ということもあります。
また、子宮が膀胱を圧迫するようになる妊娠後期は、頻尿になる妊婦さんが多いです。
トイレが近くなって目覚めてしまうということも、睡眠障害の原因となっています。
それから腰痛がひどくて不眠になる人もいます。
赤ちゃんの位置が下がり骨盤の位置が変化することから、腰に負担がかかってしまうことで腰痛の症状があらわれます。
恥骨の周りや股関節部分が緩んできて痛みや圧迫感を感じることもあります。
臨月の腰痛は出産間近のサインといえます。

スポンサーリンク

臨月に腰痛にならない予防としては、その時期になるまでの妊婦中にストレッチや体操をするというのがひとつの方法です。
体を柔軟にしておくことは、出産に向けて腰などの体のさまざまな部分にかかる負担を軽減してくれる効果が得られると考えられています。
赤ちゃんが大きくなるまでに、そのような対策を行っておけば、ひどい痛みを抱えずに済む場合があります。
出産に近づいて、痛みがつらいときでも、いすに座ったままできる体操などで体をほぐすのがおすすめです。
適度に体を動かすことによって、夜眠れるようになることもあります。
なかなか熟睡できなくても、不安にならず、昼間でも仮眠をとったりして、ストレスを溜めないことです。
ストレスも不眠の原因となるからです。
それでもつらい痛みに耐えられない場合は、無理をせずに病院を受診しましょう。
自己判断で湿布薬などを利用することは避けます。
外用薬といっても薬ですので、赤ちゃんに影響がないともいえません。
薬の使用は医師の判断に任せます。

スポンサーリンク