高齢者 睡眠障害 原因

高齢者の睡眠障害の原因は日光不足

スポンサーリンク

睡眠障害とは、年齢を問わず陥る大変辛い状態ですが、これには主に日光不足が関与しています。
特に高齢者ともなれば外出をあまりせず、部屋に過ごすことが増えるもの。
買い物など以外では部屋から出なくなる高齢者も少なくないのではないでしょうか。
こうした室内に籠りがちな生活に睡眠障害の原因が潜んでいるものです。
日光とは、長期間かけて体の中に蓄積する精神を安定させる体内物質を生成するものですから

 

若い人たち、特にデスクワークなどで室内に籠りがちな仕事をなりわいとする人々にも、日光不足はまた、よく睡眠障害を引き起こすものなのですが

 

若い頃に日光不足で特に問題なく生活を送れてきた人々の中にも、高齢者となってから、体内物質の不足による睡眠障害が起きることがかなりの頻度で起こります。
これは、若い時期の室内メインの生活を主たる原因として、起きている現象ですから、一朝一夕に解決するものではないのですが、ゆっくりと回復には向かいます。

スポンサーリンク

さて、どのように生活を送っていくことがよく眠る快適な生活に繋がるか。
日光にはセロトニンを生成する作用があり、それは朝の太陽光がより多く身体に作用していきますから

 

午前中に、しっかり太陽光を浴びるように、表に出て散歩を行うことです。
運動不足もまた、よく不眠の原因となっていくものですから

 

こうして散歩を行うことは、他の要因から来る睡眠障害も回復の方向へ導くものです。
冬などで朝の散歩が辛いならば、暖かい午後の陽だまりの時間でも良いでしょう。
人とコミュニケーションが億劫ならば、近所の公園から公園を巡り、木々と会話してみるのも一案です。
高齢者ならば、盆栽などで人間と木々の会話を理解する人々もたくさんいるでしょうから、公園にはそうした木々を愛する人々も集まっているものです。
そうした優しい太陽光と

 

木々から注がれるマイナスイオン効果は

 

運動を行った心地よい疲労と共に

 

快眠を徐々に生んでいくでしょう。
みなさんに幸せな眠りが訪れることを願いつつ、今日はこれで筆を置くこととします。

スポンサーリンク