酒 頭痛 眠れない

お酒による頭痛と眠れない原因

スポンサーリンク

今となってお酒は、適量の摂取は健康にも良いとされています。
仕事を乗り切るための大切なものとなっている人も少なくないのではないのです。
日本酒はお肌にいいとか、赤ワインはポリフェノールを沢山含むため、女性からも好まれています。
ただし、お酒を飲みすぎることで、頭痛や眠れないといった厄介な症状を起こしてしまう場合もあるのです。
その原因はアルコールが分解されることによって生じる毒素成分であるアセトアルデヒトが原因とされています。
肝臓がその成分を分解しきれなくなることで頭痛が生じてしまうというリスクがあります。
睡眠不足や疲れ、ストレスがたまっている状態の時に飲みすぎることで、この毒素が体内に回りやすくなるため、頭痛、眠れないといった症状が出てしまうわけです。
お酒を上手に楽しむために、食事をしながら飲む、お水を飲みなが楽しむ、過剰な摂取はしないようにする。
など自分でのコントトロールをしながら楽しむことが大切です。

スポンサーリンク

お酒は日常に欠かせないものだったり、一つのストレス発散法という人も多いのではないでしょうか。
しかし、誰でも経験のある頭痛や、眠れないといった症状も出てしまう人もお少なくはないはずです。
眠れないなど症状が出た場合は、肝機能を助けてくれる食べ物や飲み物を摂取することも有効な対策とされています。
スポーツ飲料や、しじみなどの肝機能を強化してくれるものを摂るのも一つの対処方法です。
昔から二日酔いにはしじみが効くと言われていますが、しじみには亜鉛やタウリンが多く含まれています。
タウリンはアセトアルデヒドも分解を促してくれるため、摂取することで二日酔いを和らげてくれます。
また頭痛は脱水症状から起きるものとも言われていて、利尿効果があるため、体内の水分を外に出してしまうため、それによって脱水症状を起こしてしまうのです。
また脳細胞の水分も奪われてしまうため、頭が痛いなどの症状が起きてしまいます。
これらのことを理解しながら、楽しむ方法を見つけていくのも大切です。

スポンサーリンク