仕事 緊張 眠れない

仕事前&必要事前の緊張で眠れない症状について。

スポンサーリンク

翌日、又は近日中に大きな仕事や必要事が控えていると、その日までの間、不安や緊張で思うように眠れない日が続いたり、睡眠が浅くなる症状がありませんか。
小学生の頃、楽しい遠足や運動会が前日に控えていると、緊張で眠れないと言う話をよく聞きますが、その様な症状を子どもの時から経験している人は、大人になってからも、仕事や作業前、約束事等の予定が入った際に同じ症状で悩んでいるケースが多いそうです。
また、ある日突然その様な症状が現れた場合、今後同じ様な状況となった際に、眠れなかったこと、寝つきが浅かったことで再び悩んでしまい、それによって再び眠れない・・・と言った負の連鎖が続いてしまうので、その様な症状が頻発するようになった場合は、早めに心療内科等のストレス症状を扱う病院に診療してもらうことをオススメします。
睡眠は人間の本能的行動の一つで、心身ともに健康的な生活を送っていく上で必ず欠かすことが出来ないものです。

スポンサーリンク

そのまま症状を放っておくと、ストレスに起因した頭痛、胃痛、肩こり、と言った体調不良の諸症状が慢性化してしまう恐れがあります。
ただ、いきなり病院で診療してもらう前に、自分自身のライフスタイルを改善したり、物事に対する考え方を変えることによって、その様な症状に悩まされなくなることもあります。
もし再びその様なケースが訪れた場合、以下のことを心がけるようにしてみましょう。
・控えた予定のことで深く悩まない。
・予定日の前日はいつもより早めに布団に入る。
・眠れない時間が続いても悩まない。
この症状はどんな物事でも完璧にこなさないといけないと考えるいわゆる「完璧主義者」の方が陥りやすい症状のようです。
もし、物事を完璧にこなすことができなくても、それはそれでしょうがない、と言ったような楽天的な考え方を持つことが大切なこともあります。
快眠なくして健康はありません。
良い睡眠を得て、いつまでも心身豊かな生活を送りましょう。

スポンサーリンク