妊婦 息苦しい 眠れない

息苦しいのが原因で眠れない妊婦さんの特徴と対処法

スポンサーリンク

お腹が大きくなってくると、息苦しいと感じる妊婦さんは少なくありません。
息苦しさが原因で眠れない事もあります。
<息苦しくなりやすい妊婦さんの特徴>
・小柄
 胴が短いと内臓を圧迫しやすく、横隔膜も圧迫されやすいです。
・骨盤が狭い
 大柄・小柄に関係なく骨盤の大きさには個人差があります。
・内臓量が多い
 内臓の量(腸の長さや内臓の大きさ)にも個人差があります。
・便秘
 お腹の中を圧迫するものが多い程、息苦しさを感じやすいです。
 便秘が一番解決可能な項目です。
・専業主婦など一人で過ごす事が多い
 外に出て、誰かと接していると気が紛れたり、緊張感から不思議と息苦しさを感じにくくなったりします。
・早食いのくせがある
 よく噛まずに食べ物を駆け込むようにして食べると、一緒に空気を飲み込んでしまいます。

 胃に空気が多く入ることで、気持ち悪さや息苦しさの原因に繋がります。
・お手洗いに行く回数が少ない
 妊婦はとにかく新鮮な水分が必要です。
取り入れた水分はためずに出すようにしましょう。

スポンサーリンク

<対処法>
・寝る姿勢
 仰向けが一番息苦しくなりやすいですが、個人差があります。
 息苦しいと感じて眠れない場合、左側を横にして寝ると良いと言われています。
 それでも息苦しい場合は、抱き枕を抱くなど、自分にとって楽な姿勢をみつけましょう。
・便秘
 妊婦は便秘になりやすいです。
妊娠後期になればなるほど便秘がひどくなりがちです。
 水分と食物繊維をしっかり摂り、ウォーキングなど、体に負担をかけない程度に体を動かすと良いですが、それでも便秘が解消されない場合は、産婦人科で便秘の薬をもらうのが良いです。
 妊婦が飲んでも大丈夫な薬を処方してもらえるので安心です。
・ゲップを出す
 胃に空気がたまっていると息苦しかったり気持ち悪かったりする原因になります。
 洗面台の前に少し前かがみで立ち、大きく息を吸い、喉に力を入れてゲップを出す方法もありますが、勢い余って吐いてしまいそうな場合は無理にゲップを出すのも良くありません。
 炭酸飲料を飲むとゲップが出やすいので、ゲップが出し辛い場合は頼りましょう。
 ただ、血糖値など気になる場合は、甘い炭酸飲料の飲みすぎに注意が必要です。
・リラックスする

 好きな音楽を聴きながら寝たり、好きな香りのアロマを嗅ぐなど、うまく気を紛らわし、リラックスして眠りにつくのもいいでしょう。

スポンサーリンク