睡眠障害 チェック 過眠症

睡眠障害の一種で過眠症の症状とチェック項目について

スポンサーリンク

人の脳や体内で発生する睡眠障害については色んな種類がありますが、その中で過眠症という病気というものがあります。
この病気は夜きちんと睡眠を取っているにもかかわらず、日中に強烈な眠気に襲われてしまう症状をさします。
一般的にはナルコレプシーと呼ばれている症状であり、世界的に調べていくと1000人から2000人に1人の割合で発症する病気です。
特徴として日中に眠くなってしまうことが多いため、仕事などで椅子に座っている時に急な眠気に襲われることがあります。
この睡眠障害発生時による睡眠時間については、30分前後であるとされている傾向が多いです。
目覚めた後については一時期に目がさえることが多いですが、すぐにまだ同様の症状が発症することがあります。
対処法として一人で治すことが出来ない病気であるため、心療内科や精神科を受診して治療を行っていきます。
そこで原因や検査などを行っていき、適切な治療方法を行って完治させていく流れとなっています。

スポンサーリンク

 過眠症は睡眠障害の一種とされている病気となっており、日中に突然急な眠気に襲われてしまうことが特徴となっています。
そこでこういった病気のチェック項目について、主にどういったものが当てはまることが多いかを説明していきます。
チェック項目として多い症例として、日中に何もしていない時に眠気に襲われるかどうかとなります。
通常時であれば特別疲労を感じていない場合を除けば、基本的に眠気に襲われるといった症状もないです。
しかし過眠症があるとここで眠気に襲われてしまうことがあり、場所や環境など関係なく眠ってしまうことがあります。
また座って読書やテレビなどを見ている時でも発症することがあり、長時間同じ体勢でいるのがつらく感じてしまうこともあります。
こういった状況においていくつかのチェック項目に該当すると、過眠症の危険性が高くなっていきます。
ですのでこういったチェックテストなどを定期的に行うことで、病気発症の予防や検査が自分でも出来るようになります。

スポンサーリンク