膀胱炎 夜 眠れない

通常の睡眠障害と膀胱炎による睡眠障害で夜眠れない件について

スポンサーリンク

通常の睡眠障害は、例えば日勤と夜勤を繰り返すなどの主に生活リズムの崩れによるものや、過度のストレスによるもの、うつ病によるもの、など様々です。
これは逆に関しても言えるのですが、睡眠障害になると生活のリズムが崩れ、朝早く起きられない、反対に夜に寝付けないといった症状が表れます。
その為、社会人であれば、日中に仕事をしなければならない時に寝てしまったり、また社会人でなくても眠れないことからくるストレス、いらだちといってもいいかもしれませんが、そのせいでいつもイライラしてしまうなど日常生活に支障をきたす事になります。
これを改善する為には、一つには医者に診てもらい、お薬で就寝の時間を調整するという事があります。
また、医者に診てもらう事に対して抵抗を感じる方に関しては、入浴の時間を大切にしたり、例え寝付けなくても、床の入る時間を一定にする、アロマテラピーでリラックスするなどの方法を試してみる事が有効です。
通常の睡眠障害に関しては様々な対処の仕方があると言えます。

スポンサーリンク

次に通常の睡眠障害ではなく、頻尿による睡眠障害も存在します。
年をとると夜中に頻繁にトイレに行きたくなってしまい、その結果として睡眠に支障をきたしてしまうというものです。
夜中トイレに行くことを我慢していては膀胱炎になってしまいますので、必ずトイレに行かなくてはなりませんが、あまりに頻繁にトイレにいくことになると、夜眠れなくなってしまいます。
これを解消するには、なによりまず医者に相談に行くことが大切でしょう。
加齢による頻尿は仕方がない点がありますが、医者に相談することでお薬を処方してもらえば、多少の改善は期待できます。
またそのことによって、寝付けないストレスから解放されることができます。
頻尿に関する事なので恥ずかしいといった気持ちが先行するかもしれませんが、睡眠はなにより大切なものですので、ためらわずに医者に相談にいくべきです。
ぐっすりと眠ることが出来れば、睡眠状態の改善が日常生活の改善につながり、より良い日常を送ることができるでしょう。

スポンサーリンク