腰 むずむず 眠れない

腰がむずむずして眠れない原因と対処法

スポンサーリンク

『リラックスしている時やじっとしている時、ふくらはぎを中心にして脚に違和感を感じる病気』の可能性があります。
違和感の感じ方は個人差があり、多くの人はむずむずする、足や腰に虫が這いまわっているような感じがすると感じる人が多いため、「むずむず症候群」と呼ばれています。
「かきむしりたくなる感」
違和感を覚えるのは、主にふくらはぎや足の甲と裏です。
しかし症状が重くなると腰や背中にまで不快感を感じます。
また、症状が『むずむずする』程度は軽いとされ、『火照り』や『刺すような痛み』を感じる場合もあると報告されています。
酷くなると、「脚の中に手を入れてかきむしりたい」という衝動にかられる程、我慢のできない苦痛を感じることがあります。
対処法は「動く」ことです。
この病気の特徴は、『足を動かしていると、少しだけ楽になる』ということがあります。
また火照りを感じる事も多るため、脚を冷やそうとすることもあるのが特徴でしょう。
やっかいなことに、この違和感は、睡眠中も覚えているために、眠れないことがあったり、寝ている間でも無意識に脚を動かしてしまう事があるとされています。

スポンサーリンク

症状が現れるのは「夜」が多いです。
特に夕方から夜にかけてが多いです。
ベッドに入って、眠りかけた時が最も酷く、むずむずして脚を動かさずにはいられなくなります。
同じくリラックスしている時や、脚を動かしていない場合でも、不快感は突然現れ、脚を動かす事で症状を軽減します。
原因は、はっきりと分かっていませんが「脳内のドーパミンが正常に働いていない」というのが有力です。
ドーパミンとは脳内で情報をやり取りする『神経伝達物質』です。
このドーパミンに異常が起こってしまうと誤った情報が脳へ伝わってしまい、違和感となって現れるのではないかと言われています。
実際にドーパミン異常によって発症するパーキンソン病の患者は、この病気の発病率が高く、その治療薬にむずむず脚症候群の改善効果がありました。
さらに、ドーパミンは鉄分不足によって、分泌量が減ると言われています。
その為、鉄分不足しやすい女性は男性よりも発病率が高くなっています。

スポンサーリンク