不眠症 うつ病 違い

不眠症とうつ病の大まかな違い

スポンサーリンク

不眠症という言葉はよく聞きます。
それだけ、多くの人がなりやすい症状という意味になります。
落ち込む時期が長いとうつ状態となります。
この二つの違いはとなると悩むことになります。
大まかには、不眠症は睡眠時間が取れない期間が短く疲れると眠れる状態をさします。
うつ病では、長期間不眠が続きます。
また、落ち込む時期が長く続いています。
この違いは、症状の時期がどれくらいなのかと脳の中のホルモンバランスの状態でわける事になります。
不眠症では例えば、仕事を転職した後のシフトで夜間起きて働いていて、昼間に仮眠を取るという様な生活リズムの変化やストレスが原因になっている場合が含まれます。
これをいつもの時間配分にすると、症状が軽くなる事があります。
うつ病では、転職して環境が変わった時大きなストレスを受けていることから発症している人が多くなります。
そうなると、脳内のホルモンバランスが崩れ仕事に行きたくないという気持が起きます。
違いは、薬で改善される方をうつ病と言われています。

スポンサーリンク

不眠症の症状を軽くする時は、体内リズムを整えることになります。
そして軽度の場合は、好みの香りでリラックス効果を作り眠りやすい環境が整えることで軽減されます。
うつ病の場合は、現在の環境を全て変えることになります。
仕事が原因であれば、病欠を取り脳の疲労を休ませます。
これは、眠れなくしている元が脳内のホルモンの分泌が少なくなっています。
すると動くことだけでも、脳からの指令が少なくなり疲労感となります。
疲労しているのに、眠れない状態が長期間続きます。
すると、良い方へ考えるという機会が少なくなります。
この時に、薬を飲み続ける事で症状が軽くなります。
違いは、うつの薬は医師の許可がおりるまで飲み続ける事で回復します。
不眠症では、薬を飲まなくても症状が改善しています。
ですが、眠れないままの状態ですと、うつ病を合併しやすくなります。
二つの違いはありますが、睡眠時間を確保してリラックス出来る事や、ストレスのはけ口を作ることでどちらとも回避出来ます。

スポンサーリンク