プレドニン 不眠 対策

プレドニンの副作用 不眠の対策とは

スポンサーリンク

プレドニンは炎症を抑える高い効果があるため、アトピーやリウマチ、湿疹、流産の防止やつわりの軽減、貧血やがんの治療など、多くの病気にプレドニンが処方されています。
それだけ高い効果があるということは逆に副作用も起こりやすいもので、プレドニンの副作用の一つに不眠があります。
プレドニンを服用した人すべての不眠の副作用が起こるものではありませんが、夜眠れなくなってしまったり、眠れたとしても1時間ほどで目が覚めてしまうというのを繰り返してしまうなど、さまざまな不眠の症状が出てしまうことが多いのです。
不眠はその時も辛いものですが翌日の昼間も眠気が襲ってきてとても辛いものです。
プレドニンの服用をやめれば不眠は改善していきますが、病気の治療のためにプレドニンの服用を続けなければいけない場合の不眠対策にはいくつかの方法があります。
病院の医師に相談する対策や特に相談しなくてもできる対策がありますので、自分に合ったものを選択してみましょう。

スポンサーリンク

自分でできるプレドニンを服用した時の不眠対策は、運動を行うことです。
身体が疲れていればプレドニンを飲んでいてもやはり眠くなりますので手軽にでいる対策法と言えます。
また、ベッドに入る直前やベッドに入ってからもテレビやスマホを見ているというような状態は通常でも睡眠に悪影響を及ぼしてしまいます。
ベッドに入る30分〜1時間ほど前にはそれらを見るのをやめて身体をだんだんと睡眠するために慣らしていくようにします。
病院の医師と相談してできる対策としては、プレドニンの量を減らすことです。
病気の治療として服用しているものなので、自己判断で量を減らすのは危険です。
まずは医師に不眠の症状があることを相談した上で量を調節してもらうようにしてみましょう。
また夜飲んでいたものを昼や朝に服用のタイミングを変えることも不眠対策効果があると言われていますが、こちらも病気の治療で行っているものなので自己判断で服用のタイミングを変えるのはやめておきましょう。

スポンサーリンク