高血圧 不眠 対策

高血圧で不眠の症状が出た時の対策

スポンサーリンク

不眠の原因は数多くありますが、高血圧が原因で不眠の症状が出る事があります。
高血圧の状態が続くと不眠の症状だけでなく命の関わる他の症状が出てくる事もあるので対策が必要です。
高血圧による不眠の症状を改善するための対策としては食事を睡眠前にしない事や入浴を早めに済ませておく事が挙げられます。
食事を摂るとその後血圧が上がるので就寝前に食事をすると特に血圧が高くなりやすい状況を作ってしまい高血圧による不眠の症状をより助長してしまうのです。
その為食事の時間から就寝の時間まで余裕を持つ事が対策になります。
入浴時も血圧が高くなりやすいので就寝前に入浴せず早めに入浴を済ませておく事も対策になります。
あまりにも高血圧による不眠が続く場合は医師に相談して適切な薬を処方してもらう必要があります。
その時に大切なのは睡眠導入剤などを処方してもらうだけでなく高血圧を根本から改善する対策をする事なので医師に高血圧自体を改善する為に必要なアドバイスや治療をしてもらうべきです。

スポンサーリンク

血圧は加齢による影響も大きく若年者より高齢者の方が血圧が高くなる傾向にあります。
加齢による血圧の上昇を完全に防ぐ事はできませんが、少しでも正常値に抑える為の対策は存在します。
普段の生活の中で気をつける事は食事と適度な運動をする事です。
体に負担のかかる激しい運動を日常的にする必要はありませんが、無理のない程度に運動するように日ごろから気をつける事で血圧を抑える対策になります。
食事は塩分を多く含む食べ物を中心に食べていると血圧が上がりやすいので塩分を極力控えた食生活にしていく必要があります。
食べ物に入っている塩分だけでなく飲み物から摂取する糖分や塩分も血圧に大きく影響するので食事以外の時間に飲む飲み物にも気をつけると良いです。
アルコールは高血圧の人にとってはリスクをより高めてしまいますし、アルコールを日常的に摂取する習慣がついていると飲まないと寝れないという高血圧以外が原因となる不眠症状にも繋がるので控えた方が良いと言えます。

スポンサーリンク