うつ病 睡眠薬 種類

うつ病患者の睡眠障害は種類の豊富な睡眠薬で改善できる

スポンサーリンク

ストレス社会の現代人は、普通に生活を送っていてもある日突然うつ病を発症する人が増えています。
今では国民病のひとつと言われているうつ病ですが、4人に1人の割合で発症すると言われています。
うつ病の症状は人それぞれですが、中でも睡眠障害を訴える人が多くいます。
睡眠障害の種類もいろいろあるので、その人に合わせて睡眠薬が処方されます。
うつ病患者の睡眠障害の種類もたくさんありますが、大きく3つの種類に分かれます。
一つ目は、なかなか寝たいのに眠れない人がいます。
二つ目は、やっと眠れることが出来ても、夜中に何度も目を覚ましてしまって朝までぐっすり眠ることが出来ない人もいます。
三つめは、朝方早くに目が覚めてしまって、その後眠れなくなってしまうことで睡眠不足が続いて昼間の活動に影響が出てきてしまう人がいます。
このようにうつ病になって睡眠に問題を抱える人は多く、それぞれの睡眠の質によって睡眠薬の選び方が変わってきます。
自分がどのタイプの、睡眠障害を持っているかを主治医の先生にきちんと伝えることで、数多くの睡眠薬の種類の中から、処方してくれます。

スポンサーリンク

睡眠薬の種類は、いろいろありますのでまずは試して薬を飲むことが大切です。
なかなか寝付けない人には、寝つきを良くする短時間型の睡眠薬を処方されます。
夜中に何度も目が覚めてしまう人には中間型の睡眠薬があります。
早朝に目が覚めてしまって睡眠時間が短くなってしまう人には、長期間型の睡眠薬を処方されることが多いです。
それぞれの特徴がありますので、自分に合う睡眠薬を見つけるために飲んだ後の睡眠の質を記録して主治医にまめに報告することが大切です。
うつ病の患者には、抗うつ剤を使っての治療が中心になりますが、それと同時に睡眠の改善も一緒に行うことがうつ病を早期に回復させるために重要になってきます。
薬の種類が多いので、最初に処方された薬が必ず自分に合っているとは限らないので、いろいろな種類の薬を試すことになりますが、あきらめないで根気よく治療に望むことが回復の近道になります。
睡眠薬を飲み始めると、やめられなくなってしまうと心配して飲めない人がいますが、まずは薬をしっかり飲んで睡眠を改善させてからお薬をやめていけば大丈夫なので、過度な心配はしないでしっかり飲んで治療することを勧めます。

スポンサーリンク