アルコール 不眠症 治療方法

不眠症の治療方法としてアルコールの使用は適切か

スポンサーリンク

不眠症は現代病の一つとも言われ、今では多くの人を苦しめています。
不眠症の原因は様々で、3交代の仕事など不規則な生活を強いられたり、海外旅行に行き時差ボケが起きるなどの生理的な要因や、仕事で忙しかったり対人関係で悩むなどのストレスを主とする心理的要因、さらには病気や怪我による痛みなどの身体的要因などがあります。
不眠症を手っ取り早く解決するために、治療方法としてアルコールを飲む人は多くいます。
脳には脳幹網様体賦活系という、覚醒させる働きを持った場所があります。
アルコールを飲むと、この脳幹網様体が抑制されて眠くなります。
ですから、アルコールを飲むと眠りやすくなるのは事実です。
しかし、不眠症で病院に行った際に、治療方法としてアルコールを勧められることは間違いなくありません。
治療方法としては極めて適さない、危険な手段だからです。
では、なぜアルコールの使用は不眠症の治療方法としては不適切なのでしょうか。

スポンサーリンク

お酒を飲むと脳幹網様体が抑制されて眠くなるというのは先ほども述べましたが、飲み続けると、この抑制を少なくしようとする働きが生まれます。
これを「耐性」と言います。
耐性が生じると、以前と同じ量のお酒では眠くなることが出来なくなり、飲むお酒の量がどんどんと増えていきます。
これを繰り返していけば、いずれはアルコール依存症になってしまい、深い眠りを獲得することは困難となり様々な身体的な疾患を抱えてしまいます。
ですから、不眠症の治療方法としてアルコールは不適切なのです。
では、不眠症になった場合、適切な治療方法としてどのようなものがあるでしょうか。
まずは、眠りやすくなるように環境を整える必要があります。
リラックスできる環境を作り入眠しやすくします。
しかし、いくら努力をしても解決しない場合もあるでしょう。
そのときは病院を受診し睡眠導入剤を処方してもらうのが良い治療方法と言えます。
睡眠導入剤も長く使用すると、薬に依存してしまうという危険性がありますが、アルコールに依存するよりは安全です。
精神科だけではなく内科などでも処方してもらえる場合が多いので、まずは病院を受診しましょう。

スポンサーリンク