産後 不眠 睡眠薬

産後に不眠症状が出た時の睡眠薬の使い方

スポンサーリンク

産後に不眠症状が出る人は少なくありません。
その原因は出産後のホルモンバランスの変化や出産をする過程での環境変化によるストレスなどが考えられます。
不眠症状は全ての人に当てはまる訳ではなく、まったくならない人もいれば不眠症状が出てもそれほど気にならない程度だったり数日で改善される人もいます。
数日で自然と改善される場合は放置して数日経過すれば問題ありませんが、長く続く人の場合は何も対策せずに放置するとうつ病などを併発する危険性もあるのです。
その為あまりに症状が重い場合は睡眠薬を使うのも方法として間違っていませんが睡眠薬を使う事でその後睡眠薬への依存が発生して睡眠薬がないと眠れなくなる事もあります。
そうならない為には不眠症状があるからと言って安易に睡眠薬を使用するのではなく睡眠薬を使う前に他の不眠症状への対策を試してみる事が大切です。
産後の不眠は精神的なストレスが原因の可能性もあるので周りの人の協力も必要です。

スポンサーリンク

睡眠薬を使う前にまず行う対策として産後しばらく自宅以外の場所で過ごしている場合はその環境がストレスの原因になっている事もあるので本人がストレスなく過ごせる場所に移る事も対策として有効です。
産後の不眠は一生続くものではないのである程度の期間を経て改善されます。
しかし不眠症状が一定期間続く事でその期間は常に睡眠不足に陥り体調を壊したり、他の病気を併発する可能性があるので不眠症状が出ている時の睡眠時間の取り方として決まった就寝時間に寝ようとするのではなく、いつでも寝れそうな時に少しでも睡眠を取るようにすると一日の総睡眠時間はある程度確保できます。
このような薬などを使わない対策は自分でもできますがそれでは改善されない事もあるので自分では対処できないと感じた場合は医師に相談した方が良いです。
産後は体力的も精神的にも通常の状態を保てない事も多いので、産後は周りの人も本人の体調に気を使って協力してもらうと良いです。

スポンサーリンク