養命酒 効果 不眠

冷えによる不眠には養命酒が効果的

スポンサーリンク

不眠で悩む人が増えています。
不眠になる理由はさまざまです。
女性では冷えが原因で不眠になる人も多いようです。
冷える原因は複数あります。
まず女性は男性に比べて熱を作る筋肉が少ないために冷えやすいと言われています。
さらに、ストレスや生活習慣の乱れなどによって自律神経のバランスが崩れることで冷えることもあります。
寝るためには、日中上がった体温が夜になると熱を放出することで睡眠へのスイッチが入ることが大切です。
しかし普段から冷えている人は日中も体温が上がりません。
そのため夜になってもこれ以上体温を下げてはいけないと体が判断し、体温が下がらないため睡眠へのスイッチが入らず寝つきが悪くなるなど不眠の症状があらわれるのです。
また、冷えていると体を守ろうと交感神経の働きが優位になります。
そのためリラックスできる副交感神経の働きが抑えられてしまい、寝付けなくなってしまうのです。
他にも寝る前までパソコンやスマートフォンを見ているとブルーライトの影響により寝つきが悪くなるとも言われています。

スポンサーリンク

冷えによる不眠の対策としては、体を温めることが効果的な方法になります。
体を温める食材を積極的に摂る、冷たいものは摂らないようにすることが大切です。
また、ぬるめのお湯につかり体の芯から温めることも大切です。
しかし寝る直前に入ってしまうと体温がなかなか下がらずに寝付きが悪くなってしまうため、寝る1〜2時間前に入ると良いでしょう。
体を温めるためには養命酒を飲むのも効果的です。
養命酒とは、生薬の作用により長期的に体質改善の効果を発揮するものです。
養命酒の効果はさまざまで、疲労回復、胃腸の働きを良くする、血行促進による冷えの改善などの効果があります。
薬とは違い養命酒は生薬の働きによりゆっくりと体質を変えていくため安心です。
毎日寝る前に養命酒を飲むことを習慣にすることで、血行がよくなり冷えを改善し、寝つきが良くなることが期待できます。
養命酒は1日3回、20ミリリットルずつ飲むようにしましょう。
生活習慣などの改善でも効果が出ずに不眠が続くようであれば、養命酒を飲んで不眠を改善する効果を期待してみることをお勧めします。

スポンサーリンク