睡眠 導入 食べ物

睡眠導入に効果的な食べ物

スポンサーリンク

睡眠導入がうまくいかないときに、睡眠薬に頼るのはあまりおすすめできません。
たまにならよいですが、睡眠薬には常用性があり、それなしでは眠れなくなってしまうためです。
自然な眠りを導入するためには、生活のリズムや運動、食べ物などを工夫するのが重要です。
睡眠導入に効果的な食べ物は、トリプトファンを多く含む食べ物があげられます。
トリプトファンとは、睡眠ホルモンともよばれるメラトニンやセロトニンという物質の分泌に欠かせない成分のことです。
メラトニンが分泌されることにより睡眠が促され、セロトニンが分泌されることにより脳の働きを鎮めて眠りの導入を促します。
トリプトファンは体内で合成することかできない必須アミノ酸のため、食べ物から摂取しなければならないのです。
トリプトファンは分解され体内で働くまでに時間がかかるので、朝や昼に摂取すると夜の眠りに効果的となります。
夕方以降に摂取してもその夜の睡眠導入にはあまり効果がないので注意しましょう。

スポンサーリンク

トリプトファンが多く含まれる食べ物は、牛乳やチーズ、ヨーグルトといった乳製品、卵、肉類、しらすなどの魚類、納豆や味噌などの豆類などです。
これらの食べ物を朝食や昼食にとると眠りの導入に効果的です。
洋食派ならば、目玉焼きやハムエッグ、ヨーグルトなどを朝食にとると良いでしょう。
和食派ならば、しらすや納豆、豆腐の味噌汁などがおすすめです。
このようなメニューに限らずとも、タンパク質をとるように意識すれば自然とトリプトファンは補給できます。
寝る前にホットミルクを飲むと睡眠導入に効果的というイメージがあるかもしれませんが、確かに一定の効果はあります。
トリプトファンの補給としては間に合いませんが、温かい飲み物は副交感神経を優位にし、体を落ち着かせ、眠りを誘う効果があるためです。
逆に避けたい食べ物もあります。
カフェインの多く含まれるコーヒーや紅茶などの飲み物や、刺激物、アルコール類などです。
これらの食べ物は神経を刺激して体を目覚めさせてしまうので注意しなければなりません。

スポンサーリンク