緊張 眠れない 対策

緊張による眠れないという症状の対策法

スポンサーリンク

翌日に,大切な行事や仕事を抱え極度の緊張状態になると,夜眠れないという症状が出ることがあります。
緊張は誰でもしますが,寝られずに翌日を迎えると,失敗につながるなどの悪循環を生みます。
しっかりと身体を休めて本番に臨むことが成功への近道といえます。
ではなぜ,そのような状態が起こるのでしょうか。
本来睡眠中はリラックス状態を作り出す副交感神経が優位にたつのですが,緊張状態となると,心拍数が上がり,体内の血行を良くなります。
そのため身体の反応が良い状態となり,活動中に優位に立つ交感神経が刺激され眠れない状態となってしまうのです。
緊張で眠れない状態となってしまった時の対策は,まずは緊張をほぐすことにあります。
寝なければと考えれば考えるほど,交感神経は刺激され逆効果となってしまいます。
そうした時には,焦らず一旦寝ることについて考えるのを止め,緊張をほぐす対策を行ってみて下さい。
対策法にも様々な方法がありますから,自分に合った対策法を見つけましょう。

スポンサーリンク

では緊張して眠れないときの対策にはどのようなものがあるのでしょうか。
まずは,気を落ち着けることから始めなければなりませんから,静かにゆっくりと過ごすことを心がけてください。
また,半身浴でリラックスすることも緊張をほぐす対策になります。
次に,ホットミルクやホットココアなどあったかい飲み物で対策します。
決してアルコールを摂取することのないように気を付けましょう。
アルコールの摂取は,眠れない時には逆効果となりますので注意が必要です。
そして,翌日の成功イメージを持つことも大きな対策の一つといえます。
大切な用事も失敗に対する気持ちが緊張となることが多いため,成功イメージを持つことが大切です。
眠れないからといって,無理に寝ようとするのではなく,どうしても眠れない時には翌日の成功イメージを想像しておくのです。
翌日の用事が大切な用事であればあるほど,しっかりと良質な睡眠をとって万全の状態で臨めるように,対策を行いましょう。

スポンサーリンク