鼻づまり 眠れない 対策

鼻づまりで眠れないときの対策を考えます

スポンサーリンク

鼻づまりで眠れないときに、どのようにしたら眠れるのか、その対策を考える必要があります。
 そもそも鼻づまりとは、何らかの原因によって鼻腔が狭くなり、空気の通りが悪くなることをいいます。
鼻で呼吸をすることが難しく、口で呼吸をするようにもなってしまいます。
そうなると、のどが乾燥したり、頭が痛くなったりします。
また、集中力がなくなる、いびきをかく、眠れないなどの睡眠障害が起こるなどの症状もみられるようになります。
 このような不快な症状を引き起こす鼻づまりですが、その原因はさまざまなものがあります。
よくある原因としては、鼻水によるものがあります。
鼻水は、異物を排出しようとする体の防御反応で、ウイルスなどから身を守るために出ます。
そのため、風邪によって体内にウイルスが入り込んでいる場合などには鼻水が大量に出ます。
 また、鼻の粘膜が腫れることで鼻腔が狭くなって鼻づまりを起こすこともあります。
慢性鼻炎やアレルギー性鼻炎などがこれに当てはまります。

スポンサーリンク

 鼻づまりが原因で眠れないときには、鼻腔内にたまっているものを出すか、鼻腔を広げるという対策をとります。
 まず、鼻腔内に何かがたまっている場合は、そのものを出して空気の通り道をつくります。
鼻水が出ていれば鼻をかみ、ポリープや腫瘍ができていれば取り除きます。
そのような対策をして、鼻づまりを解消します。
 または、鼻が湾曲していて鼻づまりを起こしていることもあります。
手術をして鼻の通りをまっすぐにすることで、鼻づまりが解消できます。
 原因を取り除いても眠れない場合には、別の対策を考えます。
睡眠薬を使って眠りをサポートする対策方法もありますが、生活習慣を見直すことでも改善できます。
眠れないからといって夜遅くまで起きていると、ますます眠れない状態が続きます。
夜は十二時までに寝るように心がけます。
 また、朝起きて太陽の光を浴びるという対策も夜眠れないときに効果があります。
太陽の光によって体内時計がリセットされます。
 いろいろな対策を考えて実行し、自分に合った方法を見つけます。

スポンサーリンク