エビリファイ 副作用 不眠

エビリファイを服用すると不眠などの副作用が現れることも

スポンサーリンク

エビリファイとは統合失調症や双極性障害、うつ病などの患者に処方される抗精神病薬の一種です。
他の抗精神病薬はドーパミンを遮断することで症状を改善しますが、エビリファイはドーパミン受容体を部分刺激してドーパミンを適量に調整することで症状を改善します。
そのため、エビリファイは他の抗精神病薬と比べて副作用が少ないという特長があります。
しかし、ドーパミンには行動を促したり、覚醒度を上げたりする働きがあるので、ドーパミン受容体を部分刺激すると不眠などの副作用が現れることがあります。
しかし、不眠などの副作用が現れるということは患者への鎮静作用が強くなり過ぎたり、患者の認知能力が低下したりすることが少なくなるということなので悪いことばかりではありません。
エビリファイを服用すると不眠と反対の眠気が生じるという副作用が現れることもあります。
その理由は、エビリファイは眠気の原因となるアドレナリン受容体やヒスタミン受容体にも作用するからです。
しかし、その作用は弱いので眠気が生じることは少ないですし、眠気が生じてもほとんどの場合は軽度です。

スポンサーリンク

エビリファイを服用することで不眠などの副作用が現れても1〜2週間程度服用を続けると体が慣れてくるので副作用が軽くなることがあります。
そのため、耐えられないほどの不眠でなければしばらく様子を見るというのも一つの方法です。
ただし、不眠が耐えられないほど強い場合や数週間様子を見ても不眠が改善しない場合は以下のような対策が必要です。
1つ目の対策はエビリファイを朝食後すぐに服用することです。
こうすることで日中を最も不眠が強い時間にすることができるので夜に眠りやすくなります。
2つ目の対策はアルコールを摂取しないようにすることです。
アルコールは抗精神病薬の血中濃度を不安定にさせるので副作用が現れやすくなります。
また、併用薬によっては副作用が現れやすくなるので、併用薬を使っている場合は医師か薬剤師に確認することが大切です。
3つ目の対策は生活リズムを改善することです。
生活リズムが不規則になると夜に眠りにくくなるので、エビリファイを服用するとますます眠れなくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク