エビリファイ 不眠 対策

エビリファイで不眠が起きた時の対策

スポンサーリンク

エビリファイは抗精神薬です。
主に統合失調症や鬱病などに使用される薬です。
副作用が少ない薬とされていますが、たまに不眠が副作用として生じることがあります。
また反対に眠気を起こす場合もあります。
エビリファイは人によって真逆の症状が出る可能性がある薬なのです。
なぜこのような副作用が起こるのでしょうか。
原因とその対策を考えてみました。
エビリファイには眠気も不眠もどちらの副作用もはっきり数字として報告されています。
この報告からわかることは、統合失調症では不眠の副作用が多く、鬱などの場合は眠気が起きるという副作用が多いということです。
エビリファイはドーパミンを調整する薬として有名です。
抗精神薬の副作用で困ることが多い体重増加が少ないという長所もあり、安全性の高いよい薬です。
強力な鎮静もかけないために眠気も起こしにくく、日常生活に余り支障をきたしません。
しかし、鎮静をかけないということは不眠や不安を起こしやすくなります。
対策が急がれます。

スポンサーリンク

エビリファイの不眠という副作用の対策としては薬に慣れるまで待つことが一番です。
ほとんどがエビリファイの血中濃度が落ち着くと改善されます。
落ち着くまで待てないという場合の対策としては、血中濃度が落ち着くまで補助的な薬を併用してもらいましょう。
抗不安薬などが処方されます。
今までの統合失調症などの薬は副作用が多く、日常生活にも影響がありました。
しかし、エビリファイは副作用も多少はありますが、全体的に少なく、統合失調症など比較的に重い症状の患者には大変嬉しい薬でもあります。
例え不眠などの副作用があったとしても特別な対策をする必要はありません。
時が解決してくれる可能性が高いと思われます。
しかしどうしてもつらい場合は精神科医の診断のもと、対策を考えましょう。
不眠は大変つらく苦しい症状です。
さらに、元疾患の悪化にもつながりかねません。
副作用があるとしても、鎮静の高い薬を変えるなど主治医への相談、指導を仰ぎながら対策を早期に行って下さい。

スポンサーリンク