チャンピックス 不眠 対策 副作用

チャンピックスの副作用で不眠症状が出た時の対策

スポンサーリンク

チャンピックスは禁煙補助薬として使われいる薬でニコチンを含んでいる薬と比べて禁煙成功率が高い薬でチャンピックスを使用して禁煙に成功している人は増えています。
しかし禁煙に効果が高い薬であるものの副作用も他の薬より強く出る場合があります。
いくつか副作用による症状が確認されていてその中の一つに不眠症状があります。
チャンピックスの副作用による不眠症状は服用者の全てに出る訳ではありませんし、人によって不眠症状の度合いは違ってきます。
副作用による症状があらわれた人の中でもチャンピックスの服用を始めて最初の数日だけ不眠や吐き気の症状が出てその後は副作用による症状が無くなったという人もいるので個人差があります。
チャンピックスは禁煙効果の高い薬ではあるので注意して正しく使えば非常に便利な治療薬ですが、使用方法や注意点を知らずに使用すると危険なので、処方箋を医師に出してもらった際に医師に副作用に関する注意点などを聞いておくと良いです。

スポンサーリンク

チャンピックスを使用して禁煙効果は得られているのに副作用による不眠の症状が出て困っている場合の対策として完全に不眠症状を抑える対策はありません。
しかし状況を見ながら服用する量や生活のリズムを変える事である程度の対策はできます。
不眠症状があるもののそれほど重い症状ではない場合はいつもより少し早めに就寝するように努力する事で充分な睡眠を取る為の対策になります。
チャンピックスは服用を開始した後に徐々に服用量を増やして治療を行っていきますが、その過程で最初の服用量が少ない時は副作用が出なかったのに増やしてから症状があらわれた時は服用量を減らすなどの対策も有効です。
しかし服用量を減らす事で症状に対する対策はできても禁煙効果が低くなる可能性がある為禁煙に失敗しない為にも減らす時は医師に報告するべきです。
また副作用の対策を睡眠薬などの他の薬を使って自己判断で行うのは危険なので医師に相談して対策を行うのが良いです。

スポンサーリンク