レクサプロ 不眠 対策

レクサプロを服用した際に不眠症状が出た時の対策

スポンサーリンク

レクサプロはうつ病や強迫性障害などの治療に使われる薬でSSRIという従来使われていた抗鬱作用のある薬より副作用が少ない薬です。
SSRIの中でも特にレクサプロは副作用が強くあらわれにくい薬で治療する中で最初に処方される事の多い薬です。
しかし副作用がまったくない訳ではなく副作用は個人によってまったくない人もいるので個人差があります。
レクサプロを服用する事で出る副作用の一つに不眠症状が挙げられます。
レクサプロを服用した時に不眠症状が出る原因は鬱病の原因となるセロトニンの不足を改善する為にレクサプロにそれを増加させる作用があるからです。
セロトニンは覚醒作用のある脳内物質でそれがレクサプロによって体内で増加する為に不眠の症状が出るのです。
レクサプロを服用した時に覚醒作用のある脳内物質を増やす事で鬱病の症状を抑えているので必要な事ではありますが、それが原因で不眠症状が続く場合は睡眠不足で体調を悪化させる場合があるので対策をする必要があります。

スポンサーリンク

レクサプロの服用によって不眠症状が出ても服用開始から数日で症状が無くなる場合もあるのでその時は対策をしなくても不眠症状は改善されます。
しかし服用している限り症状がずっと続く人もいるのでその場合は対策が必要です。
不眠の症状が出ているのに対策をせずに放置していると睡眠不足によって鬱病の症状が悪化する事もあるので医師の相談した上で対策をしなくてはいけません。
睡眠を自然にとれるように睡眠環境を整えたり、薬を飲む時間帯を今までより早い時間にするなどの対策によって改善されるのが一番良いです。
しかしそれでも改善できない場合は鎮静作用薬や睡眠薬などを併用して睡眠を確保する方法をとる事になります。
その時に絶対にしてはいけない事は不眠症状を抑える対策として過去に処方された睡眠薬を自己判断でレクサプロと併用して使用する事です。
治療薬には併用してはいけない物もある為薬を併用して対処する場合は医師に相談して医師の判断で薬を処方してもらうべきです。

スポンサーリンク