睡眠 リズム 直す 方法

睡眠のリズムをいい習慣で直す方法を知ろう

スポンサーリンク

人間は睡眠によって身体の疲労を回復しますが、様々な要因によって睡眠のリズムが乱れてしまうことがあります。
その例としてはストレスや過労などが挙げられます。
睡眠のリズムが乱れると身体の疲労が取れにくくなり、やがては日常生活にも支障をきたしてしまい、不活発など生活の質が下がってしまうこともあります。
しかし適切な方法を用いれば睡眠のリズムを直すことは可能です。
リズムを直す方法の代表格として挙げられるのは適度な運動です。
激しい運動だと逆に脳の興奮状態を落ち着けるのに時間がかかってしまい逆効果になってしまう場合がありますが、ウォーキングやストレッチなどに代表される緩やかな運動は脳内伝達物質の分泌を促進し、睡眠をとりやすい状態に導きやすくなります。
運動だけでリズムを直すことができるかといえばそうではありません。
運動は起きている最中の活発度を上げるための方法の一つであり、その次には睡眠へと導くためのリラックスをする方法が必要となります。
リラックスするための方法は人それぞれ好みや趣味などもありますので一概な方法は挙げにくいのですが、普遍的な方法の一つとして呼吸法が挙げられます。
特に腹式呼吸は心身をリラックス状態に導き、乱れたリズムを直すための方法として特に心理学的見地からも推奨されています。

スポンサーリンク

運動とリラックスを試みても、それでもまだ乱れた睡眠のリズムを直すことができない場合もあります。
そんなときは躊躇せずに専門家による治療を受けることが推奨されます。
精神的な疲労を感じているのであれば精神科や心療内科、神経科などが挙げられますが、内科などでも睡眠に関する相談をすることができます。
医師の治療を受けると、睡眠導入剤などの薬物療法を行う場合もあります。
薬も適切に使えば早期にリズムを直すことにつながりやすくなります。
また、心理的な側面からのアプローチとして、臨床心理士などのカウンセリングなどを受けることも方法の一つです。
もちろん、薬やカウンセリングだけでなく先述の運動やリラックスも並行して行うと直すことに更に近づきやすくなることが期待されます。
眠れなくて心身ともに辛さを感じたら早めに自分でできることと専門家に頼ることの両方を行うことで、乱れたリズムを早期に直し、日常生活の支障を取り除くことで生活の質を保つことが大事です。

スポンサーリンク