2歳 睡眠障害 原因

2歳の睡眠障害の原因

スポンサーリンク

子供の夜泣きというのは大体2歳くらいまでに終わるのが一般的です。
しかし、まれに2歳以降も夜泣きが継続する場合があります。
これは、睡眠障害の可能性があるため、何が原因なのかを探る必要があります。
そもそも、睡眠障害というのは睡眠に対しての質やリズムなどが何かの原因によってうまくいかず、睡眠をとっていても疲れが残ってしまったり眠りの時間が短くなってしまうことをさします。
2歳の5人に1人は睡眠障害が起きていると考えられています。
そして、2歳の睡眠障害の症状というのは、眠るべき時間に眠ることができなかったり、眠いのに眠ることができないというような状態です。
こうした睡眠不足が継続していくとまだ2歳だとしても朝起きれなくなってしまい、生活リズムが狂ってしまいます。
睡眠障害を疑うべき点は、睡眠時間が9時間以下の場合や夜間に何度も目がさめる場合、日中も泣いていて機嫌が悪いという状況が続く場合は一度睡眠障害の相談をしてみるようにしてください。

スポンサーリンク

また、2歳くらいに多いのは夜中怖い夢を見て叫び声をあげたりする夜鷹症や悪夢障害なども睡眠障害が原因で引き起こされるので注意が必要です。
このような状態になる原因は諸説あり、鼻炎や喘息などが原因で呼吸がうまくいかずに睡眠の質が低下している可能性です。
鼻づまりなどがあると息苦しくなり、せっかく眠りにつくことができても細切れで目覚めてしまう場合があります。
その状況が続くとどんどん睡眠不足に陥ってしまいます。
また、生活習慣が原因の場合です。
最近ではこちらの原因がほとんどで、ゲームやテレビなどに触れている時間が多いと脳が興奮状態になってしまい、眠ることが難しくなります。
この場合は、親の生活習慣を見直すだけで改善する場合が多いので、2歳という貴重な成長の時間を妨げないように親として生活リズムを整えてあげるようにしてください。
どうしても仕事で難しいという場合は、帰宅後はあまり興奮させないように自分達も早く寝るという改善をしてください。

スポンサーリンク