産後 不眠薬 種類

産後の不眠時に飲める不眠薬と種類

スポンサーリンク

産後は、体の様々な部分に変化がでます。
また、産後は、体もデリケートになっていることも特徴的です。
そのため、少しのことでイライラしたり、情緒不安定になったりと、気持ちも非常にナーバスになってしまいます。
それから、授乳や赤ちゃんの夜泣きが起きるため大変で、不眠症になりやすいです。
しかし、産後は授乳中でもあるため、お薬を飲むことができないことが多いです。
そこで、不眠症を改善できる授乳中でものめる不眠薬や漢方薬を何種類か紹介していきます。
まず、不眠症はなぜ起こるのか説明していきます。
人間はドーパミンとセロトニンといった二種類のホルモンを体から分泌させています。
しかし、生活習慣の乱れやストレスなどがらセロトニンは減少してしまいます。
セロトニンが減少してしまうと、睡眠時に必要なメラトニンが分泌されなくなってしまい、不眠になるといった現象が起こるのです。
そこで、大切なことはメラトニンを増やすということです。
では、メラトニンを増やすための不眠薬についてお話します。

スポンサーリンク

まず、市販で販売されている不眠薬は、非常に効き目がありおすすめなのですが、残念ながら授乳中は飲むことができません。
なぜならば、不眠薬に含まれるジフェンヒドラミン酸塩酸が母乳を通して赤ちゃんに伝わってしまい、神経の抑制作用を受けて、赤ちゃんを昏睡状態に招いてしまう危険性があるからです。
ですので、市販の不眠薬を飲むことは、産後はできません。
では、産後にも飲める不眠薬にはどのような種類があるのでしょうか。
睡眠薬には睡眠薬と睡眠導入薬の二種類に別れていて、睡眠導入薬は弱い薬剤で同じような効果を現すことが可能です。
そのため、病院などに行けば、産後でも服用可能なマイスリーなどの種類の不眠薬を処方してくれます。
また、マイスリー以外にも、漢方薬がおすすめです。
漢方薬なら産後でも服用可能です。
人参や半夏、当帰、地黄などが良いでしょう。
また、何種類か組み合わせて飲むこともできるので、不眠症以外にうつなどの時や女性ホルモンのバランスが崩れている時なども何種類か飲めると考えられます。

スポンサーリンク