睡眠障害 症状 種類 改善

睡眠障害の症状の種類と改善

スポンサーリンク

あなたは睡眠障害に悩まされたことがありますか?
夜考えごとを始めたら、眠れなくなってしまった、または、たくさん寝たはずなのに、まだ眠い。。。こういうことって日常茶飯事で良くあることです。
それでは睡眠障害にはどんな症状や種類、そして改善法があるのか、ここで探って行きましょう。
1.不眠症は睡眠障害の一種ですが、この中にも大きく分けて4種類あります。
a. 入眠困難の不眠症
夜、床についてもなかなか眠れない、スマホをいじって30分から1時間経つのに、まだ目が冴えていたり、本を読んでみてもなかなか眠りにつけない状態を指します。
b.中途覚醒の不眠症
夜中に目が覚めてしまい、その後、眠れなくなってしまう状態を指します。
c.早朝覚醒の不眠症
朝、3時か4時頃に目が覚めてしまい、その後、眠りにつくことが出来ない状態を指します。
d.熟睡障害の不眠症
睡眠時間を8時間や9時間取っているはずなのに、眠った気がしないし、熟睡感がないので、日中眠い状態を指します。
2.過眠症
日中に眠気が起こり、居眠りを繰り返します。
1回の居眠りは30分から1時間くらいの間続き、目覚め後は一時的にすっきりする場合と眠気が続く場合とがあり、どちらの場合も居眠りをまた続けます。

スポンサーリンク

これらの睡眠障害の原因は、様々です。
1.職場や家庭環境でのストレスや心配事が原因となる場合。
2.「また、今晩も眠れないのではないか。」と眠ることが自体がストレスになってしまっている場合。
3.会社の24時間制体勢(シフト)から生活のリズムが狂ってしまっている場合。
4.寝室の照明や湿度、寝具等の環境のせいで、眠れなくなっている場合。
5.コーヒー等のカフェインのとり過ぎが原因になる場合。
6.寝る直前まで、パソコンで作業をして、脳が興奮状態にある場合。
7.運動不足で体が疲れていない場合。
それでは具体的にどのような改善法を取って行ったらいいのでしょうか?
a. 入眠困難の不眠症の場合
-入浴は38度~39度くらいのぬるま湯に15分~20分程度浸かるようにするとよいでしょう。
-入浴直後は、ほてりがありますので、ほてりを冷ましてから眠りに入るとよいでしょう。
-夜遅くに食事をすることは避けましょう。
b.中途覚醒の不眠症の場合
-寝具や寝室を眠りやすい環境に整えましょう。好きな色のシーツや枕カバーで色を統一したりするのも気持ちがいいので、効果がありますよ。
-睡眠時間が短くても、あまり神経質に考えないようにしましょう。

c.早朝覚醒の不眠症の場合
-早朝に目覚めたら、環境を変えて、別の部屋で寝てみましょう。
-眠れなかったら、思い切って起きて、体操やウォーキングをすると気持ちがよいので、効果があります。
d.熟睡障害の不眠症の場合
-日中は、運動、体操なども上手に取り入れ、昼と夜の違いを体に覚えさせると良いでしょう。
-休日でも、朝は早く起きて、活動し、就寝時間を一定化するようにしましょう。
2.過眠症の場合
いくら寝ても眠い状態が続く場合は、専門医の診察を受け、適切な治療をしていきましょう。
このサイトでは、睡眠障害の症状の種類と改善策について、詳しく解説しています。
参考になりますので、ぜひ読み進めてみてください。
どうぞお大事になさってくださいネ!

スポンサーリンク